社員インタビュー

2018年度新卒

広州市場五反田店/マネージャー

成田 郁馬

IKUMA NARITA

いつかは新業態をプロデュースしてみたい。
そのための修行だと思って毎日を頑張っています。

もともと外食が好きで、「いつかは飲食店をプロデュースしてみたい」と思い、外食産業を中心にさまざまな企業を訪問しました。YSKの会社説明会に参加したとき、研修が多くて成長できること、2年目で店長を任された先輩や新規業態の開発に携わった先輩がいることを知り、「ここなら自分の夢を叶えられそう」と感じたので選考を受けることに。通常の面接以外に、社長や先輩と一緒にお酒を飲みながら会食する面談があって(ちょっとビックリしましたが)、そこでいろいろなことを本音で話すことができました。会話をしているうちに、「この人たちと一緒に仕事をしたい」と思ったことが、入社を決めた理由です。

お店をプロデュースしたいと言っても、実は飲食業は未経験。オーダーを受けるハンディさえも初めて使うといった状態で、他の人よりも覚えが遅かったのではないかと思います。それでも着実にキャリアアップして、今ではマネージャーに昇進。店長補佐として忙しくも充実した毎日を過ごしています。なぜ未経験の私が順調にキャリアアップできるのか。それは、明確なキャリアパスプランがあるからです。「これができたら1ランクアップできる」という項目がきちんと決められていて、毎月ランクアップにチャレンジすることが可能。目に見えてランクが上がっていくので、自分の成長を実感できますし、ランクが上がれば給料もアップするからモチベーションも高まります。何よりも新しいことを覚えたり、できなかったことができるようになったりすると、単純にうれしいですね。

自由に発言できる風通しの良さが自慢です。

また当社にはメンター制度があって、先輩からマンツーマンで指導を受けられます。さらに社長と一緒に飲みに行く機会もあり、その場で相談に乗ってくれるので、迷ったり困ったりしたことを一人で抱えこむこともありません。休みの日には皆で一緒に釣りに行ったりと、フレンドリーな雰囲気があり、アルバイトからの意見が社長や幹部に伝わって実現することもあるほど風通しがいい点がYSKの自慢です。

私はマネージャーとして、メンバーの教育も担当しています。最近では外国人留学生のアルバイトが増えてきました。日本語もままならなかった彼らが、いつの間にか日本語が上手になり、笑顔で接客している姿を見ると、こちらまで笑顔になります。普段から留学生と楽しそうにコミュニケーションをしているので、お客さまから「成田さんは、いつも楽しそうだね」と言われることも。「そんなふうにお客さまの目に映っているんだ」ということを初めて知り、評価されたこともうれしいですし、何より名前を憶えてくれていたことが、さらなるやる気につながりましたね。

私の目標は、入社前と変わらず新規事業を立ち上げること。といっても、まだまだ覚えることがたくさんあるので、具体的にどんなお店をやりたいというのは決めていません。休みの日に新しいお店に行って研究したり、どんなお店が流行っているのか調べたりと、アンテナを張りながら構想を練っているところです。先日行ったお店は、料理も抜群でしたが接客がとても丁寧で、彼女が「ラムが苦手」と言うと「次回ご来店いただくときには、ラム肉を提供しないようにしますね」と、一人ひとりに対して心がこもった対応が好印象。一方、最近話題になっているお店にいったとき、料理はおいしかったのに対応が最悪で、せっかくの味も半減しました。飲食業では接客サービスがとても大切だということを再認識。自分がお店を企画するときには、味にも接客にもこだわるお店にしたいですね。

広州市場五反田店 マネージャー成田 郁馬