社員インタビュー

2006年度新卒

チャコールグリル 山武商店/店長

関口 裕俊

SEKIGUCHI HIROTOSHI

本当にこの人のことを信じておけばいい、
理由はそれだけでした。

私が就職活動をしていた当時は、大手に入るよりベンチャー企業!という考え方が一世を風靡していた時代で、私も、「自分がゼロの地点から一緒になって大きくなっていく会社に入りたい」と思っている一人でした。そして色々な会社を見ていたときに、偶然YSKと出会い、山岸社長がよかったから入社を決めました。本当に、入社の理由はそれだけです(笑)。飲食でのアルバイト経験も一切なく、どうしようと思っていた部分もありました。それでも「この人に付いていけば大丈夫」という気持ちが、自分の中に自然と入って受け入れられたんです。面接を重ねても、いつも身近な感じで親しみがあり、最終面接を迎えたの時も思った事は「この人のことを信じておけばいい」、それだけでした。余計なことを考えずに、自分が一番信用できたのです。「とにかく、先のことは心配せずに付いて行こう!」と、入社を決めました。

sekiguchi_img1

それから9年経ち、思うことは、社長は今も昔も変わらないなということです。店舗が増えて会社が大きくなってくれば、社長という立場の人なら、社員に任せきりになり、現場は見なくなるイメージが結構あると思います。ですが山岸社長は必ず毎週のミーティングにも参加されていますし、意見が食い違うことがあっても、最終的には理解してくれます。逆に私たちが、社長の目線や考えを汲んだ上で、もっとわかりやすく具体的に、結果や行っていることを伝えるべきですし、こういう気付きが勉強にもなります。また、ミーティングのメンバーの数が変わってくれば、伝え方や伝わるものも違って当然だと思います。ですが変わらない社長のもとで、こんなに会社全体がまとまっていられるのだから、素晴らしいなと思っています。ちなみに、この前の夏休みに完全にプライベートで社長と一緒に台湾に行きました。社長との距離を感じない、こういう身近な存在で居てくれることが嬉しいですね。

仲間だから助け合うし、
仲間だから本気で教育する。

私がはじめて店長になったのは入社6年目の時、広州市場の中目黒店でした。自分でもまだ店長の仕事が全然わからない状態で、「何とかしなきゃ」という気持ちはあれど、身に付いてない部分は多かったかもしれません。ただ当時、同時進行で広州市場の新宿東口店が新しくオープンしたタイミングで、人員が新店舗に必要な時でした。仲間ですから当然、こういうときは助け合いです。中目黒は一番小さい店だったので、最悪社員一人でもできなくはないなと考え、それなら今必要としている部分になるべく力を使ってもらって、自分一人でできるのなら、ここは頑張って防ごうという気持ちでがむしゃらに頑張りました。

sekiguchi_img2人材教育の部分が、自分の中ではとてもやりがいがあります。たとえば外国人のスタッフさんには、「お客様に喜んでもらう」ことを第一にしている私たちのお店で働く以上は、文化は違うけど慣れてくれ、学んでくれ、せっかく日本に来ていても、自分の国の事を出していたら意味がないでしょう、と伝えます。
そして、言葉や文化も教えます。彼らも、そのうち自分の国に帰るときが来ると思うんですけど、その時に日本で学んだことが良かったよねとか、これは使える、というものがあれば是非使ってもらいたいですし、逆に自分たちも文化を見つめ直すきっかけになったりもするんですよ。
中目黒の店舗に中国人のスタッフさんが居て、入ったときから私と一緒に働いてきました。その子は本当に頑張ってくれて、後々、その子が居ないとお店が回らない位大きな存在に成長してくれたんです。中国人ですけど日本人以上に人に厳しく、でも優しさがある指導者になっていってくれたことが、自分としてはとても嬉しかったです。日本語の専門学校と大学にも入った上で両立させて、深夜に働いていましたが、学校でちゃんと良い成績を取って奨学金をもらっていました。そうやって頑張っている仲間がいると応援したいですし、自分が弱っていたり、疲れていたりするときでも「あいつが頑張っているから、俺はこんなんじゃ駄目だ」という気持ちにさせられて、パワーを貰えます。またチームで働く中で、そういう中心になる子が一人いると、チームワークがとれて、お店がまとまるんですよね。そうなったときの仲間のパワーがすごく好きです。仲間を思いやり、仲間と一緒に同じ方向へ邁進していく部分と、自分の力を高め、自立する部分。その両立が大事ですし、大事にしているのがYSKの特徴です。助け合う仲間と、部下を思いやる上司。YSKには、仲間の事を本気で思う人達が集まっています。それがYSKの長所であり、魅力であると思っています。

sekiguchi_img3

チャコールグリル 山武商店 店長関口 裕俊